2次会の準備スタート

title_nijikai_junbi_bana
結婚式の準備や新生活のことで頭がいっぱいになり、つい後回しにしがちな2次会の準備。
2次会は仲のいい友人、知人を中心に行う、アットホームな雰囲気で、新郎新婦、
ゲストにとっても楽しみなパーティーです。
2次会を最高のかたちで成功させるため、スムーズに準備を進めていきましょう。

当日までに準備すること

準備は余裕を持って4~5ヶ月前くらいから始めたいですね。
まずは当日までにすることをチェックして、準備すべきことを理解し、幹事さんと話し合いましょう。

【本番4~5カ月前】

■ 幹事を依頼する
信頼できる人に早い段階で依頼をしましょう。
幹事さんはやらなければいけない仕事が意外と多いです。
依頼をする時は、相手に忙しくないか、必ず予定を確認してから、礼儀正しく丁寧に依頼しましょう。
いくら親しいからと言って軽く依頼してはダメ。
★幹事さんの人数は新郎側2名、新婦側2名の計4名くらいがベスト!
★友人が仕事や子育てで忙しく頼める人がいない場合、業者にお願いをするというのもありです。

■ 会場を探す
人数、予算、したい演出などに合った会場を探し、多めに候補を選んでおきましょう。

■ ゲストのリストアップ
結婚式2次会のゲストの人数は平均で50~60人くらいです。
親しい友人だけに限定するのか、職場の方や家族・親族も呼ぶのかなどを考え、リストアップしていきましょう。

【本番3~4カ月前】

■ 会計担当を決める
事前に必要な予算を渡すか、会費をもらった後の清算にするのかちゃんと決めましょう。
しっかりと管理出来る人が好ましいです。
■ 会場の下見&決定
ダイニングバーやレストラン、クラブ、クラブハウス、パーティースペースなどがあります。
人気の会場は早めに予約を!
打ち合わせも兼ねて、幹事さんと一緒に会場の下見へ行きたいところですね。

【本番1~2カ月前】

■ 企画・演出などの打ち合わせ
希望の演出などがあれば、幹事さんにちゃんと伝えましょう。
実際の会場で実行可能がどうか事前の確認も必要です。
■ 出欠の集計・予算の確認
出席者の人数把握と共に、予算を決めるため、出欠の集計は重要です。
正確な収入が確定したら、演出や景品などに使える費用を割り出しましょう。
■ 招待状の発送
最近では携帯メールで案内を送る方も増えています。
また、2次会の案内のQRコードを作成して招待状に印刷するケースもあるようです。

【本番直前】

■ 最終確認
当日協力してもらう人も集めて最終的な打ち合わせとチェックをしましょう。
本番で慌てることのないよう、全て把握しておきましょう。
企画・演出については一度リハーサルをしておくとよいでしょう。
■ 景品・備品などの購入
2次会で使用する景品や、出席名簿、ポラロイドカメラ、パーティーグッズ(クラッカー・投げテープetc)など、
必要なものの購入リストを作成しましょう。

【本番当日】

■ ミーティングと状況確認
会場セッティング、プログラム、買い足しの有無、搬入・納品の確認をしましょう。
■ 受付・会費集め
受付は2~4人で、名簿で出欠チェックと会費を集めます。
名簿をチェックする人、会費を集める人、席に案内する人など、役割分担をしておくとスムーズです。
■ 本番スタート
いよいよ本番!多少トラブルは発生すると思いますが、冷静に対処し、みんなで楽しく盛り上がりましょう。
■ お開き
3次会を行う場合、集合場所などをアナウンスする。
片付けや清算を済ませ、お店にお礼の挨拶を。