結婚内祝い贈り方や金額の相場など

結婚内祝いのマナー・金額の相場など

結婚の報告をしてから、親戚や友人などに頂いたお祝いの
お返し(結婚内祝い)について、
「結婚式はしないけど、いつ贈ればいいの?」
「何を贈ればいいんだろう?」
「いくらくらいのものを贈ればいいのかな…」
など、結婚内祝いに関するマナーや金額の相場などについて紹介していきます。

結婚内祝いとは?

ご祝儀をいただいたけど、結婚式には列席しないという方に郵送などでお礼を贈ることです。
結婚式に出席いただいた方には、披露宴での料理や引き出物がお返しの代わりとなるので、
基本的には必要ありませんが、出席いただいた場合でも、贈ってはいけないということはありません。
いただいたご祝儀に対して準備した引き出物があまりにも下回っていた場合は、
挙式後に改めて内祝いという形で贈りなおすことも可能です。

まずはお礼を

結婚内祝いを贈る前に、お祝いをいただいたらまずはお礼の言葉を伝えましょう。
直接頂いた場合は、その場できちんとお礼を。
遠方の方など郵送でいただいた場合は、中身を確認し、お礼の電話をしましょう。

また、お祝いを頂いたら、相手のお名前・住所・頂いた金額(または品物のおおよその金額)を
記録しておき、お返しリストを作って整理することをおすすめします!
お返しのし忘れなど、失礼にならないようしっかりと準備しておきましょう!

結婚内祝いの金額相場

結婚内祝いのお返しの相場は、頂いたご祝儀の「半額」を目安にお返しします。
お祝い品を頂いた場合は、品物の金額を調べ、その半額分をお返しします。
ただ、贈る相手との関係性や地域の慣習によっても変わってきますので、状況に応じて対応しましょう。
地域の慣習についてはご両親に相談してみることをオススメします。

いつ贈ればいいの?

結婚式を行う場合・・・挙式から1ヶ月以内に贈りましょう。
結婚式をしない、入籍のみの場合・・・お祝いを頂いてから1ヶ月以内に贈りましょう。

正式には、夫婦で結婚内祝いを持参し、直接お礼の言葉とともにお渡しします。
ですが、都合がつかない、遠方の親戚や友人など直接手渡しすることができない場合が
ほとんどでしょうから、ギフト専門店などを通して配送することが多いです。
※その際は、事前にお返しの品をお贈りすることをお伝えし、必ずお礼状と共に品物を贈りましょう。

【結婚祝いを早く頂いた】・・・結婚祝いは結婚式の1ヶ月前〜1週間前に贈られることが
一般的ですが、それよりも早い段階でいただくこともありますよね。
その場合には、挙式前にお返ししても全く問題ありません。

お返しが遅れてしまった!

万が一、お返しをし忘れていた場合、気づいた時点でできるだけ早くお贈りしましょう。
その際、より誠意が伝わるように手書きで、お詫びの言葉を書き添えたお礼状を
お送りすることをおすすめします。
※お贈りする前に連絡を入れ、お詫びの言葉とともに、お返しをお贈りしたことをお伝えしましょう。

どんなものを贈ろう?


カタログギフトは定番ですよね!
自分で好きな物を選べるので、貰う方も嬉しいです。


高級なスイーツも定番ですね。
甘いものがお好きな方へピッタリです♪



お酒が好きな方に、喜ばれますね!

その他様々なギフトがありますので、贈る方のことを想って
選んでくださいね。

【NGギフト】刃物、日本茶、ハンカチ、割れ物(食器やグラスなど)

おわりに

必ずお祝いを頂いたら、しっかりとリストを作成して、管理しておくことが大切です。
マナーを守って、お祝いしてくださった方のことを想い、
感謝の気持ちをお伝えしましょう。

>>結婚内祝い・熨斗の書き方
>>結婚内祝い・お礼状の書き方