カテゴリー別アーカイブ: blog

結婚内祝いの熨斗の書き方・選び方

結婚内祝い・「のし(熨斗)」の書き方

結婚内祝いの時期や金額の相場が分かったところで、
続いては、のし(熨斗)の書き方についてご紹介します。

熨斗紙って?

熨斗紙の名称
そもそも熨斗紙ってなんなんでしょう?
「掛け紙」「水引」「熨斗」の3つから成り立つものが熨斗紙と呼ばれています。

熨斗ってあの右上にあるマークのようなものだったんですね!
お祝い事の贈り物に添える飾りとして、本来は、縁起物とされる「あわび」を
薄くのした【熨斗あわび】というものが添えられていたんです。
最近では簡略化されて、上記のイラストのようなものになり、
印刷された熨斗が使われています。
よく見ると、何か包まれていますよね、それがあわびです★

*お祝い事を「伸ばす」という意味合いもあるので、弔事や病気のお見舞いなどには使いません。
熨斗自体が「生もの」を表しているので、肉や魚などのナマモノを贈る際には熨斗は不要です。

熨斗紙の選び方

内祝い熨斗の選び方
熨斗紙にも種類があります。
よく見ると水引きの形が違いますね。

【水引とは】
掛け紙の上に掛ける飾り紐のこと。
相手と自分の気持ちを結ぶという意味で、2色の紐で結びます。

■色
金銀・・・婚礼祝
赤白・・・お祝い事や一般的な贈り物に
黒白/黄白・・・弔事

■紐の本数
基本は5本1組みです。
慶事では3本、5本、7本と奇数で増えていきます。
婚礼祝いの場合のみ、「両家の結びつき」との意味で、10本のものを用います。

■結び方
結び方によっても意味が変わってきますよ!
選び間違えないように気をつけましょう!

結び切り
*「結び切り」は一度結んだらほどけないことから、一度だけで良い事に使います。

蝶結び
出産・進学などのお祝い
*「蝶結び」は結び直しがしやすいことから、何度も繰り返して良いお祝い事などに使います。

表書き

結婚内祝い熨斗の書き方
のしの「表書き」(水引の結び目の上に書く内容)は、
「内祝い」または「寿」と書くのが一般的です。

差出人

nosi2
差出人は「新姓」または「2人の姓名」、「夫婦の連名」を書きましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
普段何も考えずに熨斗って使っていますが、
やっぱりちゃんと細かく意味が込められているものなんですよね〜。
熨斗の種類やマナーを覚えておくことで、急なお祝い事にも慌てず対応することができますね。
ただ、地域や家の伝統などによっても違いがあることもありますので、
一度地域の習わしを確認しておくことをオススメします。

>>結婚内祝いのマナー・金額の相場など
>>結婚内祝い・お礼状の書き方

透明なアクリル板で手作りできる結婚証明書

【人前式】結婚証明書を手作りで

結婚の誓いを神仏に対して行う代わりに、
両親や親族、親しい友人などにに結婚の証人となってもらう人前式。
出席者の宗教的背景に関わらずまた、場所もどこでもOK!
変わったところで言えば、水族館やサッカースタジアム、
船上など様々な場所で行うことができます。

そんな人前式で欠かせないアイテムが、「結婚証明書」です。
結婚の誓いをした証として、新郎新婦がサインする結婚証明書。
市販のものもありますが、二人らしいこだわりの一冊を作ってみてはいかがでしょうか(^^)
続きを読む

ウェディングノートで理想の結婚式を実現!

理想の結婚式に!ウェディングノートの作り方

ウェディングノートとは

結婚式まで準備することがたくさん!
式場での打合せ、家族との連絡や、友人との相談、必要なものの準備など、
結婚式の予定やTODOリスト等、情報の管理が必要です。
そこで活躍してくれるのが、「ウェディングノート」です。
式場の方や彼とのイメージが共有でき、準備もスムーズに進めることができます。
手作りのウェディングノートで効率よく結婚準備
http://zexy.net/wedding/c_7770044208/blog/article/853972.html

o0800045013127641268
http://ameblo.jp/takashikari/entry-11951735630.html

式場での打合せや、ちょっと思いついたことがあった時など、
手元にいつでも書き込めるウェディングノートがあるととっても便利です。

ノートを作ろう!

ウェディングノートとはこういうものだ、という決まりはありません。
市販のウェディングノートもありますが、必ずしも自分達の
ウェディングスタイルに合ったものとは限りません。
自分達が使いやすいよう、オリジナルのウェディングノートを準備して、効率よくすすめましょう。

ルーズリーフなら自由にページ数を増やしたり、減らしたり、順番を変えたりできますね。

ノートの構成

まずはやらなければいけないこと&したいことを思いつくままにリストアップしてみましょう。
【時系列ごとに構成】
→結婚式をゴールとしてその間のスケジュールを書いていく方法です。
済んだものにチェックしていくと、安心感と達成感が。

【項目ごとに構成】
→項目ごとにページをつくっていきます。
ルーズリーフならばページも増やせるのでたくさんメモを書いたり、写真を貼ったりゆったりとスペースを使うことができます。

【彼、自分のページを分けて作る】
→この時期にはなにをするのか、二人で確認することができます。

ノートの内容例

【結婚式のテーマ・テーマカラー】
会場選びや装飾、あらゆる結婚式のイメージに役立ちます。
テーマやカラーが決まったら、そのイメージにあった写真をスクラップしておくと
イメージがしやすいですし、プランナーさんなどとイメージが共有しやすいです★

【結婚式場一覧】
希望の会場の場所、連絡先、理由などを記入。
写真も添えると分かりやすいです。

【結婚式当日までのスケジュール】
結婚式当日までのスケジュールを出して、
いつまでに何をしないといけないのか分かりやすく管理しましょう。

【ブライダルフェア】
参加したブライダルフェアごとにメモをしておきましょう。
良かった点など、感想をメモ。
撮った写真を貼るなどすれば思い出しやすいです。

【見積もり】
会場ごとの見積もりを貼付しておきましょう。

【予算・費用(コスト管理)】
ふたりで予算を決めておけば、不要なものを減らしたり、
手作りできるとことは手作りするなど対応が可能。

【希望の日取り】
家族の希望や二人の希望の日、いくつか候補日を書いておきましょう。

【招待客リスト】
思いつく限り書き、実際に招待できるのか、
親戚などどこまで呼ぶべきか家族に相談する。

【受付・主賓・乾杯の音頭・余興担当者の抽出】
当日、受付や演出を担当してもらう方をリストアップ。

【演出内容】
スピーチやテーブルラウンドなど、どんな演出がしたいのか書き出しましょう。

【BGMリストアップ】
流したい曲をリストアップ。
シーン別で書き出してもいいですね。

【ウエディングケーキのデザイン】
結婚式のテーマが決まっている場合は、テーマに合わせたり、
希望のデザインがある場合は、手描きで描いたり、
イメージに近い写真をスクラップしておきましょう。

【引き出物・引菓子・プチギフトの候補】
候補や参考にしたい写真をスクラップしておきましょう。

【ドレス・小物選び】
1番楽しい作業かもしれませんね♪
希望のドレスのイメージに近い写真をスクラップしておきましょう。
ドレス選びの際、イメージを固めるのに役立ちます。
気になる小物などもスクラップしましょう。

また、実際に試着したドレスの写真や、感想もメモしておきましょう。

【ヘアメイク】
こんなヘアメイクにしたいなど希望があれば、モデルの写真を貼っておくと
イメージの共有がスムーズです。

【食事内容】
食事のランクの決定や、食物アレルギーの人はいるかなど。

色んな決め事やすることが多いので、
細かく書き出しておくと頭の中が整理されて、おすすめです!
1つずつ着実にこなして行きましょう!

また、ウェディングノートを作ることで、
思い出として残せるというところもオススメポイントです♪
自分たちらしいウェディングノートを作成して、結婚式まで
スムーズに準備を進めて行きましょう(*^^*)★

ポーズカードを使ったフォトラウンド

結婚式のテーブルラウンドの定番とも言える、キャンドルサービス。
今ではゲストのテーブルを回って写真撮影を行うフォトラウンドが人気ですね!
そんなフォトラウンドで、「ポーズカード」を使うと、さらに盛り上がること間違いなし!
続きを読む