主賓挨拶/スピーチ

主賓のスピーチは、媒酌人の挨拶に続き、来賓のトップバッターとして
祝辞を述べる事になります。
披露宴冒頭を飾るため、新郎新婦やご両親、ゲストもどういうスピーチを
してくれるのだろうかと期待に胸をふくらませてきています。
上品で格調のある挨拶、スピーチを心がけるようにしましょう。

乾杯挨拶/スピーチの基本的な流れ

【①祝辞と挨拶】

最初は新郎新婦、ご両家へ祝辞を述べ、列席者の方へ挨拶をしましょう。

【②自己紹介】

自分の名前、新郎新婦との関係を紹介したり、その関係の中でのエピソードなどを
盛り込み、簡単に述べるようにしましょう。

【③着席を促す】

主賓のスピーチは一般的に新郎新婦や両親、媒酌人夫妻が起立していますので、
着席を促す言葉をかけるようにしましょう。

【④新郎新婦・具体的エピソード】

僭越の陳謝を述べたら、新郎新婦の人柄について触れましょう。
どんな性格か、相性の良さ、おふたりにまつわるエピソードなどを紹介しましょう。

【⑤はなむけの言葉】

結婚生活や人生の先輩としてのアドバイスを贈ります。
自分の経験上の心得、格言・名言などを使用したり、2人を励まし、
勇気づけるようなあたたかい言葉を贈りましょう。

【⑥結びの言葉】

最後に、もう一度お祝いの言葉を述べて、主賓の挨拶を締めくくりましょう。

ポイント

  • 主賓とはいえ、あまり長くならないよう心がけましょう。

△忌み言葉は慎む

忌み言葉の例)
■別れを連想させる忌み言葉
別れる、切れる、欠ける、割れる、離れる、去る、終わる、戻る、
戻す、冷える、冷める、帰る、飽きる、など。

■再婚を連想させる忌み言葉
重ね重ね、たびたび、しばしば、かえすがえす、など。