職場関係者によるスピーチ

上司や同僚など職場関係者になれば、新郎新婦とは、主賓よりも近い立場になります。
あまり堅くなりすぎず、職場の近い立場にいる上司や同僚だからこそ、
知っているエピソードなどをスピーチに盛り込むと、主賓挨拶とはまた違った
披露宴のスピーチとなり、2人の意外な一面も見えてきます。

職場関係者によるスピーチの基本的な流れ

【①祝福の言葉を述べる】

まず初めに、新郎新婦・ご両家に向けて、祝福の言葉を述べましょう。

【②自己紹介】

自分の名前、新郎新婦との関係について述べましょう。

【③具体的なエピソード】

新郎新婦の仕事ぶりを交えつつ、2人の人柄が感じられるような、
職場関係者ならではといったエピソードを紹介しましょう。

【④はなむけの言葉・依頼】

新しく始まる2人の生活への励ましや、勇気づける言葉を贈りましょう。
また、新郎新婦のどちらかをあまり知らない場合でも、一言声を掛けるなどの
心遣いを忘れずに。

【⑤結びの言葉】

最後に再び、お祝いの言葉を述べ、スピーチを締めくくりましょう。

△忌み言葉は慎む

忌み言葉の例)
■別れを連想させる忌み言葉
別れる、切れる、欠ける、割れる、離れる、去る、終わる、戻る、
戻す、冷える、冷める、帰る、飽きる、など。

■再婚を連想させる忌み言葉
重ね重ね、たびたび、しばしば、かえすがえす、など。