親族代表の挨拶/スピーチ

兄弟姉妹、いとこ、といった親族のスピーチは、小さいころの新郎新婦との思い出、
挙式までの両親や新郎新婦の心情など、身近な親族であるからこそ知っている
エピソードが沢山あるかと思います。
また何より、新しい兄弟姉妹や親族を心から歓迎しているという事を伝えましょう。
親族というのはゲストである一方、主催者側の立場でもありますので、
新郎新婦へのお祝いの言葉を述べると同時に、列席頂いているゲストの皆様へ
お礼の言葉、今後の支援を願う言葉も必ず添えるようにしましょう。

親族代表の挨拶/スピーチの基本的な流れ

【①自己紹介】

まず初めに、自分の名前と、新郎新婦との関係について説明をしましょう。

【②ゲストへのお礼の言葉】

ご列席いただいた事への感謝の気持ちを述べ、来賓や祝辞や励ましに対して、
親族の立場からお礼の言葉を述べましょう。

【③新郎新婦・具体的なエピソード】

懐かしい思い出や、家族の様子といったような、親族ならではのエピソードを
交えながら具体的に語りましょう。

【④今後の期待】

これからの心構えや、新生活への励ましなどを述べましょう。

【⑤結びの言葉】

新郎新婦に対する今後の指導や、支援についてのお願いをゲストの皆様へ
述べましょう。
また、媒酌人がいる場合の親族代表としてのスピーチの際には、必ず媒酌人への
お礼も忘れずに添えましょう。

△忌み言葉は慎む

忌み言葉の例)
■別れを連想させる忌み言葉
別れる、切れる、欠ける、割れる、離れる、去る、終わる、戻る、
戻す、冷える、冷める、帰る、飽きる、など。

■再婚を連想させる忌み言葉
重ね重ね、たびたび、しばしば、かえすがえす、など。