返信用はがきの書き方

「返信用はがき」は招待状と一緒に送る、結婚式や披露宴の出欠を返信いただくものです。
■ 招待状の書き方はコチラ<<
■ 付箋・追伸カードの文例はコチラ<<

返信用はがきの書き方・ポイント

【①受取人の住所&氏名】

新郎側のゲストの返信ハガキの受取人は新郎、新婦側のゲストの返信ハガキの受取人は新婦というのが一般的ですが、一括で管理する場合、どちらか一方を受取人にします。
また、自分宛のはがきなので、名前には「様」ではなく「行」を付けます。

【②切手を貼る!】

切手は慶事用のものを購入しましょう。
忘れないように必ず貼りましょう!

【③出欠、ゲストの住所、名前、メッセージ欄】

裏面に、出欠を問う欄、ゲストの住所、名前を書いてもらう欄を設けます。
出欠は○で囲んで答える選択形にし、「どちらかを○でお囲みください」と入れるのが一般的です。

メッセージ欄を設けると、欠席の方からもメッセージがもらえるかもしれません。

【④食べ物に関するアレルギー、送迎に関する項目等】

必要に応じて、当日の送迎バス利用の有無や、食事に関してアレルギーや好みでないものなどを記入してもらう欄を作っておきましょう。