ドレス、衣装を決める

ドレスの選択は花嫁にとって一番楽しくも悩ましい時間ですね。
沢山の数から1~3着を選ぶのはほんとうに難しいです。
難しい、といってもこれは結婚式準備でも一番楽しいところであるのは間違いないので、早いうちから探し始めて沢山迷っちゃいましょう!

試着に行く前にイメージを固めよう!

まずは自分の頭のなかで結婚式のテーマに合ったドレスのイメージを固めましょう。
ウェディング情報誌やカタログなどをパラパラめくって、気になるドレスにばーっと付箋などで印をつけていきます。
同じようなイメージのドレスが有るかわからないので、候補は多めに、これぞというものには違う色でチェックしておきましょう。
ドレス屋さんに試着しに行く時にこれを持って行って「こういう感じのを見たいのですが」と伝えましょう。

専門家に色々相談してみよう

ドレスには色々種類があって、顔の雰囲気や体型によって映えるドレスの種類というのもあります。
色々下調べしてみるのも良いですし、実際にドレス屋さんにあれこれ相談してみるのも良いです。
特に自分が思っている印象と、他人から見た印象というのは違うので、自分が考えるイメージとはちがうドレスを着てみたらぴったり、ということも。

親族や仲の良い人を連れて行ってみよう

ドレス屋さんは良いアドバイザーですが、なかなか「それは似合わないですね」とはバッサリ言ってくれないものです。
こんな時に仲の良い第三者を連れて行くと、新鮮な意見を貰えたりします。
特に母親や兄弟姉妹は新婦さんをずっと見てきているので、ズバリ印象を判断してくれます。
もちろん貴方の結婚式なので家族の意見を全面的に取り入れる必要はありませんが、第三者の意見として非常に参考になるのでお勧めです。