心づけ、お車代準備

結婚式の直前に準備することでついつい忘れがちになるのがお心付け・お車代です。
一体誰にどのくらい渡したら良いのかどうか迷いますよね。

おおむねの目安と渡し方

  • 主 賓/1万円~
  • 祝辞を頂く方、乾杯の発声を頂く方にお渡しします。表側には「御車代」と明記します。お車代なので、別途往復のハイヤーなどを用意された場合は必要ありません。
    ■渡し方:招いた側の親が披露宴開始前にお渡しするのが一般的です。また、受付の方からお渡しすることもあるようです。

  • 受 付/3000~5000円
  • 早めに会場入りして色々手伝って頂く方へ、ギフトか心づけをお渡しします。かさばらないよう心づけをお渡しする人が多いようです。
    ■渡し方:受付の始まる前に両家の親からそれぞれの友人へ挨拶がてらお渡しします。

  • 司会(友人に頼んだ場合)/30000円
  • 友人に司会を頼んだ時は、料理などを食べられないため、祝儀は辞退するか上乗せしてお渡しします。打ち合わせなど時間を割いてもらうことが多いのでしっかりお渡ししましょう。
    ■渡し方:当日に両親からお渡しするか、後日改めて会ってお渡しします。

  • 写真・ビデオ撮影(友人に頼んだ場合)/10000~30000円
  • 式自体を全部撮影してもらう場合は食事などの時間がないので御祝儀などは辞退します。また本人がいらないといっても席は用意しておかないと持ち込み料を取られる場合がありますので注意しましょう。
    ■渡し方:披露宴終了後にお二人からお渡しします。現像代・DVD等の実費は後日完成品を頂いた時にお渡ししましょう。

  • 友人スピーチ/2000~5000円or贈り物
  • 友人にスピーチを頼む場合は、新婚旅行に行った際のおみやげや「スピーチありがとね!」というようなメッセージ付きのギフトをお送りする人が多いようです。

  • 余興・音楽演奏/10000~30000円
  • 基本的にスピーチなどと同じく気持ちのこもった贈り物が多いようですが、準備に時間やお金がかかるようなものの場合はお礼をお渡ししましょう。
    また音楽演奏もBGMとして長時間演奏する場合はきちんとお礼をお渡しします。

  • 余興のみに参加する人/2000~3000円or贈り物
  • 余興のみに参加する方には贈り物、お車代などを用意しておきます。また、式場によっては別席で食事などを用意できるプランなどもあるので相談してみましょう。
    団体で余興に参加される場合は、団体のリーダーの方にお車代などをお渡しします。

  • 遠方からのゲスト/交通費の半額~全額・宿泊支援
  • 遠方からゲストをお呼びする時は交通費の心配がないように、招待状発送段階で交通費・宿泊費などを負担する旨を伝えましょう。
    ■渡し方:式の前に両親からお渡しします。航空券や宿泊券などを事前にお送りするのもスマートですね。

式場の方への心付けは?

最近は式場の方も心づけを断る方が多かったり、事前に受け取りません、ということを言われたりもします。
介添人やヘアメイクさんなど、一日中お世話になるかたには「よろしくお願いします」という意味を込めて渡す方も多いようです。
事前に3000円5000円を入れた心づけを幾つか用意しておくと、何か素晴らしい計らいを頂いた時にお礼としてお渡し出来るのでお勧めです。